ビジネスマッチング

ビジネスマッチング 商談・展示会 2019 in 出雲(平田会場)(平田会場)

令和元年11月21日(木)平田文化館

山陰名産來間屋生姜糖本舗

[ 一覧に戻る ]

プリンタのアイコン このページを印刷する

企業名 さんいんめいさんくるまやしょうがとうほんぽ
山陰名産來間屋生姜糖本舗
資本金 万円 従業員数 9 人
代表者役職 代表 代表者名 くるま ひさし
來間 久
住所 〒691-0001
島根県 出雲市 平田町774
ホームページ http://syougatou-honpo.jp/
会社紹介PR 創業1715年 日本生姜糖糖元祖創業者・來間屋文左衛門は寛文十一年に出雲国平田(現・島根県出雲市平田町)に生まれ、松江藩の奉行所に勤務し、晩年、離職して郷里に帰り専ら茶華の道に心を寄せた。当時、駄菓子を作るものはあってもいわゆる、日持ちさせることがきなかったので、彼は風流珍味の菓子を製作し、一般の嗜好に投じようと決意した。そこで考案の結果、砂糖に出西生姜を混じて練り固めれば辛甘相和して高尚かつ耐久力のある菓子ができると考えついた。原料である生姜も出西産に優るものはないことを試行錯誤して知った。それが今日まで受け継がれた「來間屋の生姜糖」です。以来、その製法を守り、今でも炭火を使用し、手作りにて造っています。
近年、昔ながらの板状「生姜糖」製品に加え、小さく、食べ易くした個包装の「ひとくち生姜糖」製品もあり、お客様から手に取りやすく、飴のような感覚で食べれると、喜ばれております。
業種 食料品製造業
業界 食品
主要製品
主要技術
生姜糖、抹茶糖、しょうが湯、しょうがの砂糖漬け、しょうがシロップ、まこも生姜糖
生産形態 多品種少量、単品、試作開発
受注形態 完成品受注
主要設備等 築140年の商家内にある店舗と工場設備があります。手づくりによる生産。今なお、炭を火力に使用し炭火窯、特製銅型、特製銅鍋を使用しています。
その他
保有特許・認証取得規格
特記事項
食品産業センターの「本場の本物」認証
HACCP認定工場
目的 商品・商材・部品・原材料を販売したい
技術・ノウハウを求めたい
発注内容
(買いたい、調達したい)
受注内容
(商談相手に売りたい、
販売したい)
自社製品「生姜糖」(伝統菓子)の販売
相談・その他
(共同開発・研究など)
現在導入しています、ひねり包装機にかける「ひとくち生姜糖」の角を取る簡易機械の製作を検討しています。
商談相手へのPR 山陰フェア、島根フェアや、こだわりの商品企画にての販売希望。
私どもで使用している原料・生姜は、出雲市産の出西生姜(しゅっさいしょうが)であるのも特徴的です。フルーツのような生姜です。
昔ながらの炭火窯による手づくり製法の「生姜糖」を味わっていただけます。
商談相手への希望 定番化されるのであれば、素朴なお菓子です。長いスパンでファン(固定のお客様)がついていただけますのを考慮いただき、取引を検討いただければと思います。
展示ブース希望

プリンタのアイコン このページを印刷する

[ 一覧に戻る ]

 

このページの先頭へ

トップへ

 
 
中海・宍道湖・大山圏域ものづくり連携事業
ビジネスマッチング商談・展示会 2019 in 出雲(平田会場)
主 催:中海・宍道湖・大山圏域ものづくり連携事業実行委員会
事務局:まつえ産業支援センター内
    TEL 0852-60-7101 FAX 0852-25-0300
    〒690-0816 島根県松江市北陵町1番地テクノアークしまね内
 

Copyright(c) Nakaumi,Shinjiko,Daisen bloc committee All Rights Reserved.